クレリック・シャツとは?

衿と袖口を白、身頃と袖をストライプなどの柄ものや無地の色ものにした特異なデザインのドレス・シャツ。’20年代に流行したクラシックなスタイルで、現在では必ずしも白衿、白カフスでなくとも身頃と色違いにしたものをこのようによんでいる。クレリックとは「牧師、聖職者」の意で、かつて牧師が着たシャツにちなんで名づけられたものだが、これは日本だけでの呼称で、欧米ではホワイト・カラード・シャツとよぶ。

アパレル用語集