フライト・ジャケットとは?

「飛行機乗りのためのジャケット」という意味で、フライング・ジャケットやエイビエーター・ジャケットともよばれる。第2次世界大戦時に生まれたG-1ジャケットやA-2ジャケットタイプの飛行士用ジャンパーを筆頭に、B-3ジャケットのボマー・ジャケット、またジェット機用のMA-1ジャケット、L-2Bジャケット、N-2BジャケットCWUジャケットといった新しいタイプのものまでその種類も多い。いずれも機能性が受け入れられて、街のファッションとしても一般化した。なお、A-2などの「A」は夏用、B-2などの「B」は冬用、を意味する。

アパレル用語集