B-3ジャケットとは?

’34年に米軍に採用され、第2次世界大戦中に着られ続けた冬用のフライト・ジャケット。表地が牛革で、衿とジャケットの内側にボア状の毛皮が使われているのは大きな特徴。肩から肘にかけては補強用に牛革のエルボー・パッチが付けられている。衿を立て、2本の革ベルトで閉めると、鼻から下が覆われるデザインとなっている。主に爆撃機用に着られた。

アパレル用語集