ドレープド・ジャケットとは?

’90年代版テディ・ボーイ・ルックを代表するアイテムで、膝まで届く丈のたっぷりと量感をもったメンズ・ジャケット。まとうように着るその外観からドレープドと命名された。上衿にベルベットを配したクラシックなイメージと、ドレーンパイプ・パンツとよばれる土管形のストレート・パンツを合わせるところに、現代的なテディ・ボーイ・ルックの特徴をみることができる。

アパレル用語集