ジャーキンとは?

細身につくられ、身体にぴったりとフイットする外衣用ベストの一種、または腰丈のジャケットのことをいうこともある。衿はなく、ボタン・フロント、ジップ・フロントと変化はさまざま。もとは15~17世紀にかけて西欧で着用された男子の短い丈の胴着または表着をいった。主に革製、あるいは革と生地を組み合わせたもので、デザインはタブレットに似て、袖なしか短い袖があり、胴からペプラムが付く。脇などにスリットの入ったものが多い。

アパレル用語集