エドワーディアン・ジャケットとは?

本来は、英国国王エドワード7世(在位1901~1910年)統治下に、男性の昼間の礼服として用いられた、フロック・コートやフロック・スーツに見るようなスタイルを指す。膝丈、ダブル・ブレストで4つか6つボタン、ウエストがシェイプされ、裾が少し広がったラインが特徴の、エレガントなコートである。これが若者の風俗ファッションとして取り入れられ、’50年代の初めにはテディ・ボーイ・ルックとして、’60年代の後半にはピーコック革命のファッションのひとつとして登場し、エドワーディアン・ルックやエドワーディアン・ジャケットとよばれるようになった。

アパレル用語集