モーニング・コートとは?

昼間の正装として用いる男の礼服。本来はフロック・コートが用いられたが、現在ではモーニング・コートが第一礼装とされている。前裾が大きく切り落とされ、後ろに長いテール(尾)を持つスタイルが特徴。もともとフロック・コートの前裾を大きくカットして乗馬用の服としたもので、このことからアメリカなどではカッタウエイ・フロックとか単にカッタウエイということが多い。これの最上級のものに全身をグレーで統一したアスコット・モーニングがある。

アパレル用語集