スワローテール・コートとは?

燕尾服(えんびふく)。上着の前はウエスト丈だが、後ろは燕(つばめ=スワロー)の尾(テール)のように膝あたりまだ垂れ、その裾が2つに割れているところから名がついた。別にテールズ・ドレス・コート、ドレス・コート、テール・コート、テールスなどとよばれ、さらにイブニング・コートとしても名称、異称も多い。素材はドスキン、カシミア、上質のウーステッドなどで、色は黒、またはミッドナイト・ブルー、衿はピークド・ラペルが一般的。燕尾服は男性の夜間の正礼装とされ、ホワイト・タイ(白の蝶タイ)に白ピケのベストという最高の着装が要求される。したがってホワイト・タイといえば燕尾服の代名詞となる。

アパレル用語集