コーチマンズ・コートとは?

19世紀のイギリスのコーチマン(馬車に乗って馬を操る御者)が着用していたことからこの名がある。前はダブル・ブレスト、ウエストが縛られて、ウエストラインから上が身体に密着し、下はフレアーが入り広がるラインで、大きなラペル付きの幅が広い衿をもつコートのこと。

アパレル用語集