驚愕!今まで損をしていた残業代の計算方法!

今働いているところでは、残業代の計算は1分単位で行なわれていますか?
労働基準法では、1分単位で残業代を計算し支払うことが求められているのですが、実施できていない企業が多く、損をしている労働者が多いように感じます。

多くの企業が次のような計算をされているようです。(違法ですが・・・)

(1) 労働時間の端数が一律カットされている

例えば、30分未満の端数を切り捨て、30分以上の端数を30分(0.5時間)として計算。これは、常に労働者に不利な取扱いがなされる方法であり、「実際に労働した時間分の賃金が全額支払われていない」(賃金全額払いの原則違反)ということにほかなりません。


(2) 1か月通算ではなく、毎日の労働時間について、端数処理。

“四捨五入”のような考え方で、1か月の労働時間を通算して、そのうち30分未満の端数を切り捨て、30分以上の端数は1時間に切り上げて計算するという方法であれば、一般的に労働者に不利というわけでもないので、便宜的な計算方法として認められます。ただし、この“四捨五入”類似の計算方法を毎日の労働時間について行うことは、認められていません。
毎日このような処理をすれば、実際の労働時間との差異が大きくなっていきますし、1日単位で見れば、どうしても端数がカットされることが多くなります。

このような計算方法が、意外と皆さんは通常の計算法だと思い込んで、疑問視されておらず、結果として損をしていることは否めません。

CASSは全ての計算を1分単位で行っています。損をしない働き方をしたい方は、一度CASSに相談して下さいね!